概 要

 化学専攻では、電子、分子のレベルで物質の構造、反応を解明し、自然界における化学現象の理解を深めると共に、新物質の創成とそれらの持つ新しい機能の発現に関する教育・研究を理論と実験の両面において行っています。これらの教育と研究を通して、独創性と世界的視野を持つ研究者を育成し、あわせて柔軟性ある高度専門職業人を育てています。

 本専攻には、無機化学、物理化学、有機物理化学、有機合成化学、構造有機化学、反応有機化学、生物有機化学、生物無機化学、機能物質化学、などの分野があり、伝統的な物理化学、無機化学、有機化学などの理学の基礎を構成する分野のほか、物理学、生物学、地球科学、薬学、工学、などとの境界領域の研究も盛んに行われています。また、数多くの研究機関を有するつくば地区の利点を生かして、独立行政法人産業技術総合研究所との連携大学院制度を活用して、物性化学、生体電子化学、有機金属化学、計算化学、反応物理化学、などの新領域の研究も活発に行われています。

 カリキュラムは区分制博士課程の特徴を生かしてそれぞれの特性に応じ、評価を数段階に渡って懇切に行うきめ細かな授業編成が確立しています。基礎科目と専門科目で化学の基礎と専門を幅広く取得し、優れた教員の指導のもとに高度で最先端の研究を行います。これにより学生には無理なく前期課程で修士号を、後期課程で博士号を取得できるような体制ができています。


ホーム 概要研究室案内 構成員 お知らせ 安全管理委員会セミナー
関連分野:理工学群 化学類 数理物質科学研究科 化学専攻筑波大学へEnglish version