筑波大学|大学院数理物質科学研究科|化学専攻

 
  
 
 
 
 
               
  学生の受賞・表彰
   
  (8) 第5回 CSJ化学フェスタ2015 優秀ポスター発表賞 2015.11.12
     
渡部陽太は,平成27年10月13から15日にタワーホール船堀(東京都江戸川区)で開催された第5回CSJ化学フェスタ2015において発表した「ジフルオロエチレンを用いた[2+2+2]付加環化による触媒的フルオロアレーン合成」で,第5回CSJ化学フェスタ2015 優秀ポスター発表賞を受賞しました。この賞は,1) 研究に対する発表者の貢献,2) 質疑応答,3) 独自性と将来性 において優れていると認められた発表者に授与されるものです。

 

     
     
  (7) 日本化学会欧文誌 BCSJ賞 2014. 9. 15
     
真弓夕佳,横田実咲,相原大路は,The Bulletin of the Chemical Society of Japan 2014年9月号において発表した「Indium(III)-Catalyzed Cationic Cyclization of 1,1-Difluoroallenes: Regioselective Synthesis of 1-Fluoronaphthalenes」に対して,日本化学会欧文誌 BCSJ賞を受賞しました。この賞は,当該号掲載論文の中から特に優れた内容をもつと判断された論文の著者に対して授与されるものです。なおこの論文は,掲載号の表紙を飾りました。
     
     
  (6) 第48回 有機反応若手の会 優秀ポスター賞 2013. 7. 31
      渡邉駿平は,平成25年7月29から31日に茨城県守谷市デュープレックスセミナーホテルで開催された,有機反応若手の会において発表した「1,1-ジフルオロアレンのドミノ反応によるフッ素置換PAH の合成」で,有機反応若手の会 優秀ポスター賞を受賞しました。この賞は,発表内容・プレゼンテーション・質疑応答などにおいて優れた成果を挙げた発表者に授与されるものです。      
     
  (5) 日本化学会 第93春季年会 学生講演賞 2013. 4. 18
     
市塚知宏は,平成25年3月22から25日に立命館大学びわこ・くさつキャンパスで開催された,日本化学会第93春季年会において発表した「ニッケル錯体を用いるトリフルオロメチルアルケンのアルキンとの脱フッ素カップ リング反応」で,日本化学会第93春季年会 学生講演賞を受賞しました。この賞は,発表内容・プレゼンテーション・質疑応答などにおいて優れた成果を挙げた発表者に授与されるものです。
     
     
  (4) 10th International Symposium on Organic Reactions, Best Poster Award 2011. 11. 24
   
高橋正樹は,平成24年11月21から24日に慶応大学日吉キャン パスで開催された,10th International Symposium on Organic Reactionsにおいて発表した「Sequential Substitutions of 2-Trifluoromethyl-1-alkenes: Regioselective Synthesis of 3-Fluoropyrazoles」で,Best Poster Award(最優秀ポスター賞)を受賞しました。この賞は,発表内容・プレゼンテーション・英語による質疑応答などにおいてもっとも優れ,かつ今後の研究活動発展の可能性を有すると期待される発表者に授与されるものです。今回は,140人のポスター発表参加者のうち,2人のみに授与されました。
     
   
  (3) 第22回 基礎有機化学討論会 ポスター賞 2011. 9. 23
   
趙男は,2011(平成23)年9月21日~23日に,つくば国際会議場で開催された第22回基礎有機化学討論会において,「フッ素置換多環式芳香族炭 化水素(F-PAH)の合成: インジウム(III)による1,1-ジフルオロアレンのドミノFriedel–Crafts型環化–環拡大反応」と題した発表を行い,ポスター賞を受賞し ました。この賞は,発表内容・プレゼンテーション・質疑応答などにおいて優れ,かつ今後の研究活動発展の可能性を有すると期待される発表者に授与されるも のです。
     
   
  (2) 日本化学会 第4回関東支部大会 優秀ポスター賞 2010. 9. 21
   
森川稔之は,2010(平成22)年8月30日,31日に,筑波大学で開催された日本化学会第4回関東支部大会において行った「パラジウム(II)触媒 による1,1-ジフルオロ-1-アルケンの求電子的環化反応:フルオロフェナントレン合成」のポスター発表により,同年9月21日,優秀ポスター賞を受賞 しました。この賞は,発表内容,プレゼンテーション,質疑応答などにおいて優れ,かつ,今後の研究活動発展の可能性を有すると期待される発表者に授与されるものです。
     
   
  (1) 日本化学会 第4回関東支部大会 優秀ポスター賞 2010. 9. 21
   
小関雄太は,2010(平成22)年8月30日,31日に, 筑波大学で開催された日本化学会第4回関東支部大会において行った「N-ヘテロ環状カルベンを触媒とするジフルオロカルベンの発生とジフルオロメチルエー テル合成」のポスター発表により,同年9月21日,優秀ポスター賞を受賞しました。この賞は,発表内容,プレゼンテーション,質疑応答などにおいて優れ,かつ,今後の研究活動発展の可能性を有すると期待される発表者に授与されるものです。