研究業績

平成30年度

論文

Takehiro Fujita, Toru Matsui, Masato Sumita, Yutaka Imamura, and Kenji Morihashi, "Theoretical study on naphthobischalcogenadiazole conjugated polymer systems and C61 derivative as organic photovoltaic semiconductors", Chem. Phys. Lett. 693, 188-193 (2018). ,
link: 10.1016/j.cplett.2018.01.021

平成29年度

第7回CSJ化学フェスタ2017 優秀ポスター賞受賞(2017/11)

当研究室の藤田健宏(M1)が第7回CSJ化学フェスタ2017において優秀ポスター賞を受賞しました。
講演題名「有機薄膜太陽電池材料の電荷移動状態の安定性と反応速度定数についての理論的研究」

第7回CSJ化学フェスタ2017 船堀 2017/10/17-19

  • P8-009 有機薄膜太陽電池材料の電荷移動状態の安定性と反応速度定数についての理論的研究
    ○藤田 健宏、松井 亨、守橋 健二

第11回分子化学討論会 東北大(河内北) 2017/09/15-18

  • 1P092 有機薄膜太陽電池材料の電荷移動状態の安定性と反応速度定数についての理論的研究
    ○藤田 健宏、松井 亨、守橋 健二
  • 3P110 QM/MM計算によるクラスA β-ラクタマーゼとベンジルペニシリンのアシル化反応における塩橋内プロトン移動を考慮した新たな反応経路の提案
    ○駒井 美保、松井 亨、守橋 健二

ウシオ財団 大学院奨学生(2017/08)

当研究室の藤田健宏(M1)がウシオ財団の大学院奨学生に採用されました。

論文

Tomohiro Oshiyama, Noriko Yasukawa, Hiroshi Kita, Toru Matsui, Masato Sumita, and Kenji Morihashi, "A Theoretical Guideline for Designing Effective Host Materials Based on 4,4′-Bis(9-carbazolyl)-1,1′-biphenyl Derivatives for Blue Phosphorescent Devices", Bull. Chem. Soc. Jpn., 2017,90,195–204.,
link: 10.1246/bcsj.20160345

平成28年度

日本化学会第97春季年会 慶応大(日吉) 2017/03/16-19

      
  • 2PA-182 OPV3誘導体の正孔移動度についての理論的考察
    藤澤 弘明、松井 亨、○守橋 健二
  • 2PA-190 制限付き密度汎関数理論を用いた有機太陽電池材料の電荷分離状態の安定性と電子移動速度の研究
    ○藤田 健宏、松井 亨、守橋 健二
  •  
  • 2PA-198 オカダ酸における分子内水素結合の環境依存性に関する理論的研究
    山本 夏菜子、○松井 亨、守橋 健二
  • 2PA-185 QM/MM計算によるクラスA β-ラクタマーゼとベンジルペニシリンのアシル化反応における塩橋内プロトン移動を考慮した新たな反応経路の提案
    ○駒井 美保、松井 亨、守橋 健二

論文

Koharu Aikawa, Toru Matsui, Kenji Morihashi, "Theoretical Estimation of Effect of Conjugation Length and Side Chain in Charge Recombination Process in Poly(para-phenylenevinylene)", chem. letters., 2016,45,628-630.
link: 10.1246/cl.16057
Takao Otsuka, Masato Sumita, Hironori Izawa and Kenji Morihashi, "Intermolecular electron transfer states of 1-methyl-3-(N-(1,8-naphthalimidyl)ethyl)imidazolium iodide obtained by constrained density functional theory", Phys. Chem. Chem. Phys., 2016,18, 17795-17798
link: 10.1039/C6CP02602H

平成27年度

論文

Koharu Aikawa, Masato Sumita, Ysuyo Shimodo and Kenji Morihashi, "Theoretical studies of molecular orientation and charge recombination in poly-paraphenylenevinylene light-emitting diodes", Phys.Chem.Chem.Phys., 2015,17,20923.
link: 10.1039/C5CP03235K

平成26年度

日本化学会第95春季年会 日大(船橋) 2015/03/26-29

  • 3PA-157 熱活性型遅延蛍光の特性を有する分子系の励起状態計算
    ○岩崎 冬弥、守橋 健二
  • 3PA-165 クラスAβ-ラクタマーゼに対するβ-ラクタム系抗生物質ベンジルペニシリンのアシル化反応におけるQM/MMモデル化
    ○駒井 美保、守橋 健二

論文

Hironori Izawa, Shoji Nishino, Masato Sumita, Masaaki Akamatsu, Kenji Morihashi, Shinsuke Ihuku, Minoru Morimoto and Hiroyuk Saimoto, "A novel 1,8-naphthalimid derivative with an open space for an anion: unique fluorescence behaviour depending on the binding anion's electrophilic properties", Chem. Commun., 2015,151,8596.
link: 10.1039/C5CC01709B
Masato Sumita and Kenji Morihashi, "Theoretical Study of Singlet Oxygen Molecular Generation via an Exciplex with Valence-Excited Thiophene", J.Phys.Chem.A, 2015,119,876.
link: 10.1021/jp5123129

平成25年度

第8回分子科学討論会 広島 2014/09/21-24

  • 1P117 PPV電荷再結合過程のダイマー構造の解析
    ○相川 小春、守橋 健二
  • 1P118 CDFT計算を用いた有機半導体の正孔移動度の予測
    ○嘉瀬 功一、守橋 健二
  • 2P129 HIVプロテアーゼ複合体におけるQM/MM計算による構造最適化
    ○神立 倫明、守橋 健二
  • 4P109 熱活性型遅延蛍光の特性を有する分子系の励起状態計算
    ○岩崎 冬弥一、守橋 健二

日本化学会第94春季年会 名古屋 2014/03/27-30

  • 2E1-39 PPV三重項電荷再結合過程の配向依存性
    ○相川 小春、守橋 健二
  • 3PA-29 有機電子材料についての制約密度汎関数法による正孔移動度の予測
    ○嘉瀬 功一、守橋 健二
  • 3PA-30 熱活性型遅延蛍光の特性を有する分子系の励起状態計算
    ○岩崎 冬弥一、守橋 健二
  • 3PA-40 HIVプロテアーゼ複合体におけるQM/MM計算による構造最適化
    ○神立 倫明、守橋 健二

5th JCS International Symposium on Theoretical Chemistry
奈良 2013/12/02-06

  • PⅡb-09 Intramolecular Electron Transfer in Polar Solvents Calculated by Constrained Density Functional Theory
    Saroshi Muraoka, ○Kenji Morihashi
  • PⅡb-12 Theoretical Investigation on poly-'para'phenylenevinylene (PPV) Charge Transfer Process
    ○AIKAWA Koharu, MORIHASHI Kenji

CSJ化学フェスタ2013 優秀ポスター賞受賞(2013/11)

当研究室の相川小春(D1)が第3回 CSJ化学フェスタ2013において優秀ポスター賞を受賞しました。 講演題名「PPV三重項電子移動過程の配向に対する解析」

第3回 CSJ化学フェスタ2013 船堀 2013/10/21-23

  • P2-79 HIVプロテアーゼ複合体におけるQM/MM計算による構造最適化
    ○神立 倫明、守橋 健二
  • P5-09 PPV三重項電子移動過程の配向に対する解析
    ○相川 小春、守橋 健二
  • P7-112 周りの場を考慮したルブレンの正孔移動度の予測
    ○嘉瀬 功一、守橋 健二

第7回分子科学討論会2013 京都 2013/09/24-27

  • 2P104 HIVプロテアーゼ複合体における QM/MM計算による構造最適化
    ○神立 倫明、守橋 健二
  • 2P105 制約密度汎関数計算を用いた極性溶媒中の分子内電子移動過程
    ○村岡 慧、守橋 健二
  • 2P106 CDFTを用いたPPV三重項電子移動過程についての解析
    ○相川 小春、鞆津 典夫、守橋 健二
  • 2P107 ルブレンとテトラセンについてのCDFT計算による正孔移動度の予測
    ○嘉瀬 功一、守橋 健二

第16回理論化学討論会 福岡 2013/05/15-17

  • 1P21 制約密度汎関数計算を用いた極性溶媒中の分子内電子移動過程
    ○村岡 慧、守橋 健二
  • 2P20 CDFT計算を用いたPPV三重項電子移動過程の配向依存性
    ○相川 小春、鞆津 典夫、守橋 健二

日本化学会第93春季年会 立命館(びわこ・くさつ) 2013/03/22-25

  • 3G3-07 HIVプロテアーゼ複合体におけるQM/MM計算による構造最適化
    ○神立 倫明・守橋 健二
  • 3G3-17 結晶場を考慮したルブレンの正孔移動度の予測
    ○嘉瀬 功一・守橋 健二
  • 1PA-076 制約密度汎関数法を用いたPPVの三重項電子移動過程の解析
    ○相川 小春・鞆津 典夫・守橋 健二
  • 1PA-077 CDFT計算による極性溶媒中の分子内電子移動過程
    ○村岡 慧・守橋 健二

平成24年度

招待講演

  • 「制約密度汎関数法による有機半導体正孔移動度の予測」、守橋健二、近畿化学協会コンピュータ化学部会(大阪)、2012年11月6日.
  • "Transition Structures on DNA-chain Elongation Process", Kenji MORIHASHI, 3rd International Symposium on Creation of Functional Materials, Dec. 10-11, 2012.

第6回分子科学討論会 東京 2012/09/18-21

  • 制約密度汎関数法による有機半導体正孔移動度の予測
    水戸 将平,相川 小春,渡邉 礁太郎,○守橋 健二
  • 異分子間正孔移動の解析
    ○鞆津 典夫,相川 小春,守橋 健二
  • DNA伸長反応についてのONIOM計算
    ○廣田 恵以,守橋 健二
  • 制約密度汎関数理論を用いたPPVの三重項電子移動過程の解析
    ○相川 小春、守橋 健二

第15回理論化学討論会 仙台 2012/05/24-26

  • 制約密度汎関数法による有機半導体正孔移動度の予測
    水戸 将平,相川 小春,渡邉 礁太郎,○守橋 健二
  • CDFT 計算による PPV の三重項電子移動過程の解析
    ○相川 小春、守橋 健二

日本化学会第92春季年会 慶応(日吉・矢上) 2012/03/25-28

  • 三重項電子移動過程の制約密度汎関数計算
    ○相川小春,守橋健二

平成23年度

論文

Shotaro Watanabe, Yasuyo Shimodo and Kenji Morihashi, "Theoretical investigation of hole mobility in 9,10-diphenylanthracene by density functional calculations", Theor. Chem. Acc. 130, 807-813 (2011)
DOI: 10.1007/s00214-011-1042-5
Tomofumi Ogawa, Masato Sumita, Yasuyo Shimodo, Kenji Morihashi, "Validity of describing reaction coordinate of intramolecular charge transfer of 1,3-dinitrobenzene anion radical using constrained density functional theory", Chem. Phys. Lett. 511, 219-223 (2011)
DOI: 10.1016/j.cplett.2011.06.064

2nd International Symposium on Creation of Functional Materials Tsukuba 2011/12/17-18

  • "Constrained DFT Calculation on Triplet Electron Transfer Process"
    Koharu AIKAWA, Kenji MORIHASHI
  • "Transition state structures in DNA-chain-elongation process"
    Kei HIROTA, Kenji MORIHASHI

1st International Symposium on Creation of Functional Materials Tsukuba 2011/12/17-18

  • "Constrained DFT Calculation on Triplet Electron Transfer Process"
    Koharu AIKAWA, Kenji MORIHASHI
  • "Transition state structures in DNA-chain-elongation process"
    Kei HIROTA, Kenji MORIHASHI

第5回分子科学討論会 札幌 2011/09/20-23

  • HIV-1 プロテアーゼ複合体におけるフラグメント密度汎関数計算
    ○岩瀬智行,守橋健二
  • 制約密度汎関数理論を用いた有機単結晶中の電荷移動の研究
    ○渡邉礁太郎,守橋健二
  • 三重項電子移動過程の制約密度汎関数計算
    ○相川小春,守橋健二
  • DNA鎖伸長反応における遷移状態構造
    ○廣田恵以,守橋健二
  • CDFT計算による極性溶媒中の分子内電子移動過程
    ○村岡慧,守橋健二

7th Congress of the International Society for Theoretical Chemical Physics Waseda 2011/09/2-8

  • "Fragment-DFT calculation on the interaction energy between HIV-1 protease and its inhibitor"
    Tomoyuki IWASE, Kenji MORIHASHI
  • "Theoretical investigation of charge-transport properties in organic single crystals from constrained density functional theory"
    Shotaro WATANABE, Kenji MORIHASHI

平成22年度

2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies Hawaii 2010/12/15-20

  • "Constrained Density Functional Theory including Generalized Born Formula: its application to intramolecular electron transfer system"
    Tomofumi OGAWA, Yasuyo SHIMODO, Kenji MORIHASHI
  • "Fragment-DFT calculation on the interaction energy between HIV-protease and its inhibitor"
    Tomoyuki IWASE, Kenji MORIHASHI
  • "Theoretical Investigations of Hole Mobilities in Organic Single Crystals by DFT Calculatons"
    Shotaro WATANABE, Kenji MORIHASHI

日本化学会関東支部大会 学生講演賞受賞(2010/09/22)

当研究室の渡邉礁太郎さん(受賞時修士1年)が日本化学会関東支部大会において学生講演賞を受賞しました.
講演題名「DFT計算による有機半導体単結晶における正孔移動度の予測」

第4回分子科学討論会2010 大阪大学豊中キャンパス(2010/09/14 - 2010/09/17)

  • CDFT-GB法の分子内電子移動反応への応用
    ○小川智史, 下堂靖代,守橋健二
  • DFT計算による有機半導体単結晶における移動度の予測
    ○渡邉礁太郎, 守橋健二
  • HIV-1プロテアーゼ複合体における相互作用エネルギー:vdW補正を取り入れたフラグメント密度汎関数計算
    ○岩瀬智行, 下堂靖代,守橋健二

いままでの論文

Yasuyo Shimodo, Kenji Morihashi, Tatsuya Nakano, "Examination of numerical accuracy on fragment-DFT calculations with integral values of total electron density functions", J. Mol. Struct.(THEOCHEM) 770, 163-168 (2006)
doi: 10.1016/j.theochem.2006.05.056
Kenji Morihashi, Yasuyo Shimodo, Osamu Kikuchi, "Liu–Parr–Nagy analysis on density functional theory calculations of spin densities in first-row atoms and diatomic hydrides", J. Mol. Struct.(THEOCHEM) 722, 169-183 (2005)
doi: 10.1016/j.theochem.2004.10.074
Kenji Morihashi, Yasuyo Shimodo, Osamu Kikuchi, "Applications of the Liu–Parr–Nagy identity to the spin density calculations", Chem. Phys. Lett. 397, 462-468 (2004)
doi: 10.1016/j.cplett.2004.08.140
Kenji Morihashi, Yasuyo Shimodo, Osamu Kikuchi, "Density functional theory calculation of hyperfine coupling constants of small radicals using Becke97-type exchange-correlation functionals", J. Mol. Struct.(THEOCHEM) 617, 47-52 (2002)
doi: 10.1016/S0166-1280(02)00399-8